「俺だけレベルアップな件」 第98話 英語版を翻訳したネタバレ

「俺だけレベルアップな件」 は韓国で連載されている漫画です。
韓国語と英語で毎週木曜日に無料公開されており、日本語訳は少し遅れていますが毎週金曜日にピッコマというサイト・アプリで公開されています。
Google翻訳を使ってそれっぽくまとめてますので、日本語版が公開された時に印象が違う可能性があります。ご了承ください。

英語版第98話はこちら

※98話もいつものサイトは画像が途中おかしいので違うサイトにしてます

前回のあらすじ

韓国チームが順調に蟻を退治し進む中、連絡が途絶えたCチームをDチームが探しに行きます。蟻の死体が沢山ある場所で、血の付いたシーマの眼鏡を発見。ケイ(ガスマスク)が異常な気配を感じ森に向かって氷の魔法を放ちますが、氷ごと引き裂かれてしまいます。韓国チームは女王蟻を発見し全力で駆除開始。白川(白虎ギルド代表)も獣人化。という所で終わりました。

前回の97話のネタバレはこちら

98話のネタバレ

町田堂玄(明星ギルド代表)が「あなたに任せます、向坂ハンター!」と言い、「アリが減速し始めた!」と言いながら蟻に向かって走ります。そして、王室警備員を全て倒すまで…私が女王の気をそらす。と考え「こっちを見ろ!」と女王蟻を挑発します。

カメラマンが、戦いがついに始まるのか?と考えていると、無線から「視聴率が80%に上昇しました!人々が見えるようにカメラを近づけて!」と入り、80%に上昇した?それからもう少しだけ…とボーと考えていると後ろから襟をつかまれます。

美濃部剛(引退したSランクヒーラー)がカメラマンに「Sランクボスはこの場所に住んでいます。誰もあなたの安全を保証することはできません。私が何を取得しているか知っているなら、私の後ろにいてください。この戦いはここからより深刻になりますよ」と声をかけます。カメラマンは、彼らはヒーラーが戦う事はないと言ってなかったか?彼は私のようなAランクよりも戦い慣れているようだ。と考えます。

場面はどこかの住宅街へ。

お婆さん「お爺さん、今日はハンターが出る番でしょう。見ないんですか?」

お爺さん「そんな気分じゃないよ」と言いながら新聞を広げます。

お婆さん「そんなことしてないで…テレビで今年があの蟻を倒す年になるかもしれないと言っていましたよ」

お爺さん「あいつらはいつもそう言うんだよ。私はもう気にしない事にした」

お婆さん「彼らは私たちの一人っ子の復讐をしてくれる人たちですよ!私は世界が破壊されたとしてもそれを見ますよ!」

お爺さん「…」。

お婆さん「やれやれ、何の役にも立たない爺さんなんだから」とつぶやきながらテレビを見ます。テレビから「そして今、韓国のハンターは蟻の女王に対する攻略をようやく始めました!」と流れます。

そして「ここがアリの女王の隠れ家です!蟻は、以前見たものよりも大きく、目の前に居ます!ハンター町田堂玄は非常によく彼女をかわしていますが、残りのメンバーは彼と一緒に戦うために急いで王室警備員を倒す必要があるようです!お?お?!ハンター白川大虎は今、王室警備員の1匹を倒しました!」と流れ、家の外で歓声が上がっている様子。

お婆さんが「なんてことでしょう、怖いねぇ。おやおや、外はかなり大騒ぎだね」とつぶやきます。

「残り4匹です!彼らはすでに王室警備員の半分の相手をしています!残り3匹です!王室警備員の残りはあと2匹です!彼らがそれらを倒したら、最終的に女王蟻に対処することができます!この攻略がようやく完了に近づいたように見えます!」と街中の色々な場所で人々が生中継を見ている様子。

ドアが開き、お婆さんが「お爺さん…」と言います。

テレビから「強力な警備員が全て倒されました!」と流れます。

お爺さんが「この4回目の攻略で、彼らには今度こそ成功して貰いたい。そうだろう?」と言います。

テレビから「後は女王蟻だけです!女王蟻を倒すことができれば、最終的に蟻を退治することができます!!」と流れます。

テレビ局のスタッフが「監督、視聴率がたった今85%になりました!!」と言い、監督が「すごい!これは史上最高だ!アメリカ、中国、ロシア、フランスと同じように、俺たちの国がSランクゲートをクリアするんだ!!」と言います。

女王蟻を前に町田堂玄が盾を構え「私に飛び乗れ!!」と叫びます。黒須圭介(死神ギルド代表)がジャンプしながら物凄い数の弓を放ち、女王蟻の頭に命中させると女王蟻は悲鳴を上げます。

獣人化した白川(白虎ギルド代表)が爪で女王蟻を引き裂きながら「怖がる必要はない!警備員のいない女王なんてただの外皮だ!!」と言いますが、女王蟻の目が怪しく光り、毒液を放ちます。それを全身に浴びてしまった町田堂玄と白川が悲鳴を上げます。

美濃部剛が魔法を使用して2人を回復させ「お前が俺たちを倒すには、俺に向けてその攻撃をするべきだったな」と言います。すると女王蟻が美濃部剛に向けて攻撃を仕掛けますが、町田堂玄がしっかりガードし「そう簡単に私たちのヒーラーに到達させるわけにはいかないな!」と言います。

最上真(ハンタースギルド代表)が「みなさん下がって!!」と言い、蟻に炎の魔法を直撃させ大爆発がおこります。

白川が、女王蟻を倒した。と考えます。

長い戦闘経験によりこれを知る事ができました。蟻の女王は死にそうだった…勝利は手の届くところにあるように見えた。しかし…。とナレーションが入ります。

女王蟻が最後の力を振り絞り叫びます。

町田堂玄が「今のはなんだ?」と言いながら衝撃を受け止めます。

白川は、遠吠え?彼女の死の苦しみからか?いや…それとは違う感じだ。助けを求めたのか?と考えます。

レイジ(日本ギルドの副代表)が「リューさん!すべてのアリがトンネルに戻ってます!」と叫び「ノイズジャミングが機能していません!」と言い、リューが「何だと?!」と答えます。

リューは蟻たちが山に向かって飛んでいく姿を見ながら、一体何が今起こっているんだ?と考えます。

向坂雫(ハンタースギルド副代表)が女王蟻の首を切り落とします。そして「これで終わりね…大丈夫?」と言い、黒須圭介が「俺たちは今、Sランクゲートをクリアした世界7つの国の1つになったのか?」と言いますが、白川が「ちょっと待て、何か嫌な感じがする」と答えます。

町田堂玄が無線を持ちながら「彼らは全ての蟻がトンネルに入って行くと言ってる!急いで避難する必要がある!」と伝えます。

向坂雫が「え?」と言い、黒須圭介が「まだ時間は残っているはずだ!日本のハンターは失敗したって事か」と言い、町田堂玄が「私もよく分からない!ハンター協会は、彼らが今も状況を調べていると言っている…」と伝えます。

最上真が「トンネルの入り口に置いた炎の障壁が…ちょうど今破壊された…?」と言い、全員何かを感じ取った様子。

真っ黒で二足歩行の蟻が歩いてくる様子。

白川が「バカな…絶対にありえない…」とつぶやきます。

黒い蟻が叫びます。

白川が、この…それは…この不吉な強さは、そこの1匹の蟻から来ているのか…?と考えます。

———————————————————–

と言うところで98話は終了です。

99話はこちらから。

日本語版コミック

コメント