「俺だけレベルアップな件」 第116話 英語版を翻訳したネタバレ

「俺だけレベルアップな件」 は韓国で連載されている漫画です。
韓国語と英語で毎週木曜日に無料公開されており、日本語訳は少し遅れていますが毎週金曜日にピッコマというサイト・アプリで公開されています。
Google翻訳を使ってそれっぽくまとめてますので、日本語版が公開された時に印象が違う可能性があります。ご了承ください。

英語版第116話はこちら

前回の115話のネタバレはこちら

116話のネタバレ

場面はナイトギルドの事務所から。

謙「兄さん、昨日出現した門ですが彼らは許可を出すのは難しいと言ってます。協会の測定値がかなり高かったので。」

板東 修輔「Sランクゲート?」

謙「いえ、でもAランクゲートの中でも最高測定値だそうです。」

板東 修輔「なるほど、それは骨が折れそうだ。気を付けないと全滅するかもしれないな。」

謙「Sランクなら諦めることもできるんですけど、Aランクなので状況はさらに複雑です。トップ5ギルドの1つである僕たちが、Aランクをクリアできないって噂が広がっちゃいますから。」

板東 修輔「問題なのは一般人が同ランクゲートはすべて同じだと思っていることだよな。」

謙「このゲートを諦めたら、明星ギルドが絶対主張してきますよ。」

板東 修輔が凄い嫌そうな顔で「自分の領地内に発生したゲートを町田堂玄(明星ギルドリーダー)に譲るって事?」と睨みながらいうと、謙が「言ってみただけです、兄さん」と青ざめながら答えます。

板東 修輔「量と質の面では、うちのギルドのAランクハンターは他の主要ギルドのハンターと同じだ。ただ1つ、Sランカーがいないというのは大きな違いだ…」

?「別のギルドと共闘するのはどうでしょう。」

板東 修輔「自分たちでクリア出来るかわからないから協力したいなんて言ったら、他のギルドは危険を感じて下りるのでは?」

ジョン・イリム「ギルド全体を連れてくるのが難しいなら、一人だけならどうですか?」

ジョン・イリム

Aランクヒーラー

板東 修輔「最高測定値のAランクゲートに入るのに、1人だけ来ても役になんて…」と言ってなにかに気づく。

ジョン・イリム「誰だか分かりました?」

板東 修輔「ええ。水篠旬ハンターのことだね。別のギルドと共闘するのは不名誉だけど、彼と一緒に仕事をすることで俺たちにも良い影響をもたらすかもしれない。さらにこの難しいレイドを安全に終える可能性が高まる。最近、水篠旬ハンターは何してる?」

謙「道路に出現したゲートをクリアして以来、最近は何のニュースもありませんね。彼に連絡を取りましょうか、兄さん?」

板東 修輔「いや、電話はしまって。こんな重要な問題を1回の電話で済ますのは適切じゃないだろ?彼を訪問してみよう。」

 

場面は旬のギルドの事務所へ

旬「’AHJIN’ギルドはどうだろう?」

賢太「そ…それは素晴らしいです兄さん!それをギルド名にしましょう。」

賢太(ソロプレイ以外ならなんでも。)

旬「ギルド名が決まったから、あとは創立メンバーをもう1人確保するだけだよね?」

賢太「昨日向坂ハンターと何があったんですか?」

旬「向坂ハンターはうまくいかないと思う。彼女は俺が欲しい人じゃなかった。」

賢太(彼女はSランクで、若くて熟練していて美しいのに。向坂ハンターよりも良い候補者なんているの?)

賢太「ええと、兄さん…どんな人がいいんですか?」

旬「ギルドの活動に興味がなくて、信頼できる、ハンター免許を持つ人かな?」

賢太が難しい顔で「頭に浮かぶ人は少数です…」とつぶやいているとコンコンとドアがノックされる。

旬「どなた?」

旬(また向坂ハンターか?)

板東 修輔「こんにちは。私は板東 修輔、ナイトギルドのマスターです。」と引きつった笑顔の3人。

旬&賢太「…」

 

パソコン「あ、あれを見て!録音出来てる?」

パソコン「うわー、マジかよ?」

パソコン「なんであんなに大きいんだ?」

 

板東 修輔「ゲートの物理的なサイズとランクが常に一致するわけでは無いのですが、このゲートから大量のマナが流れ出ているとのことです。」

旬「Sランクと判断されました?」

板東 修輔「ギリギリAランクの測定内のようですが、釜山でこれまでに出現した最大のゲートです。」

旬(釜山か…観月さんと会って寿司でも食べようかな?)

板東 修輔「記事でご存知かも知れませんが、協会は私たちのエントリーを拒否しようとしています。彼らから見ると私達にはSランクハンターがいないので、ギルドを信頼出来ないようです。貴方が私たちの攻撃部隊に加わって下されば、この攻略を処理することができます。」

ジョン・イリム(お願いしたらサインくれるかしら?)

板東 修輔「補償は十分にいたします。通常、Sランクハンターはレイドから利益の約10%を受け取りますが、このダンジョンから20%を提供します。」

旬「50/50にしましょう」

板東 修輔「え?」

旬「個人ではなくギルドとして扱っていただければ協力します。’AHJIN’ギルドを設立しました。」

板東 修輔「それでは40/60でどうでしょうか…」

旬「俺はナイトギルドと交渉するつもりはありません。」

板東 修輔(この男…若く見えるけど、彼は普通じゃないな。)

板東 修輔「とても良いですね。それではボス級モンスターの相手をしてもらえますか?」

旬「わかりました。」

板東 修輔「ゲートが発見されてからほぼ1週間経過してますので、明日攻略を開始する必要があります。一緒に車で向かいましょう。」

旬「いえ、明日お会いしましょう。今夜は用事があります。いずれにせよ、俺は遅刻しません。」

旬の影が動いた事に気づく謙。

謙「んん?彼の影が動いた…」

板東 修輔「謙…酔っ払ってるのか?」

旬のスマホに着信が来ます。

旬(誰だ?)

旬「すみません、電話に出でもいいですか。」

板東 修輔「もちろん」

事務所の外に移動する旬。

旬「水篠旬です。」

母「旬」

旬「母さん?携帯買ったの?」

母「ええ、あなたの声が聞きたかったから、電話を受け取ってすぐかけちゃった。お邪魔だったかしら。」

旬「全然。」

旬(母さんだった…本当に、俺は何を期待していたんだ?)

旬「母さん、今夜は一緒に夕食を食べよう。」

母「わかった、いいわね!」

 

次の日、釜山の広安里

巨大なゲートの前に集まっているナイトギルドの面々。

板東 修輔(うーん、昨日彼を連れて来るべきだったかな。彼は遅れないよな?くそっ…あと5分で出発だ…)

 

場面は旬のマンションへ

旬(天気が悪いな。葵は傘を持っていったかな?もう行かないと…)

旬「影交換」

 

場面はどこかの学校へ

生徒A「これって労働の自由じゃないか?」

生徒B「そうだよな?」

生徒C「なんで美術の先生が僕たちに仕事をさせるんだ?」

生徒C「石膏像はいくつ持っこいって?」

生徒A「6グループだから、多分6つだろ。」

生徒B「あ~俺たち一人一個持って、2往復しないとだな。」

生徒A「お前なら4個持てるって。」

生徒A「あ、ほこりっぽいな。最後に掃除したのいつだよ?」

生徒C「うん、多分、学期中ずっと使ってないんじゃないか」

生徒A「え?おい、これ…これゲートじゃないか?」

教室の隅にゲートを見つける。

生徒C「何をそんなに怖がってるんだよ。こういう閉じたゲートは完全に安全だって。中に入れるのはハンターだけだし、中身は出てこない。門が開くには1週間かかるんだ。」

生徒A「この部屋は学期中放置されてるって言わなかったか?それが今発見された…」

するとゲートにヒビが入り、中から現れた手が生徒Cの顔を掴み、空中に持ち上げる。

生徒A「ジュンソク!」

生徒C(ジュンソク)「た、助けて!頼む!」

血が飛び散る様子を呆然と見つめる生徒AとB。

「ジュンソク!」

———————————————————–

と言うところで116話は終了です。

117話はこちらから。

日本語版コミック

コメント