「俺だけレベルアップな件」 第103話 英語版を翻訳したネタバレ

「俺だけレベルアップな件」 は韓国で連載されている漫画です。
韓国語と英語で毎週木曜日に無料公開されており、日本語訳は少し遅れていますが毎週金曜日にピッコマというサイト・アプリで公開されています。
Google翻訳を使ってそれっぽくまとめてますので、日本語版が公開された時に印象が違う可能性があります。ご了承ください。

英語版第103話はこちら

前回のあらすじ

放送が中止され、それまでの悲惨な様子から意気消沈している面々でしたが、放送が再開されるとそこには旬と蟻が対峙しており、驚く面々。後藤会長大興奮。そして旬と黒蟻が素手での殴り合いを開始。という所で終わりました。

前回の102話のネタバレはこちら

103話のネタバレ

旬と黒蟻が拳で殴り合います。黒蟻が、自分の腹部をみて、割れた?不可能だ、私の体に対して…!と考えます。旬がさらに殴りますが、黒蟻が舌を伸ばして攻撃し、旬の頬に傷をつけます。

距離を取り合う2人(1人と1匹)。すると旬が膝をつき、毒か?と考えます。

ナレーション「食用カタツムリを食べることによって偶然吸収された能力、’麻痺毒’。 生物によって生み出される最も有毒な毒物の一つ。それが彼の体の魔法エネルギーと混合され凝縮された後、さらに殺人的になりました。」

黒蟻「あなたは少し問題を抱えているようです、人間。死ね」と攻撃を仕掛けます。

場面はブラボーチームへ。

カナ(紫帽子の女性)が座っているルノー(長髪オールバック)を見下ろします。

カナ「ミノル。レイジから通信があった。一体何が起こったの?」

ルノー「勝てない…あれは怪物だ…俺たちがSランクであるかどうかは関係ない…人間が立ち向かうことが出来るモンスターじゃない…!リューさんも…俺たちも…」と震えながら言いますが、カナが首元を掴み上げます。

カナ「何を言っているんだ?お前はそれを失ったのか?」

ルノー「誰も止められない…」

カナ「チッ、哀れだな」と突き飛ばします。

頭上を通るヘリコプターを見上げながらカナ。隣にいるのはアーシー(眼帯マスク)でしょうか。

カナ「これから問題が起きるだろうね…ちくしょう」

場面はトンネルへ。

旬が黒蟻の攻撃を受け止めます。

黒蟻「な、なに?!」。そしてまた旬が殴り飛ばします。

【毒の治療が完了しました】

旬は、幸せそうだから不思議だと思っていたけど、毒が原因か?多分俺の感覚ステータスが高くなったせいだろう、その感情を感じ取ることができる。ヤツは間違いなく緊張している。と考えますが、向坂雫の状態を感じ、しかし俺たちにも同じことが言える。できるだけ早く終わらせる必要がある!と考え、ジャンプして蹴りつけますが外れた様子。

白川「どこに行った?」

最上真「消えた!」

旬の目線の先には飛んでいる黒蟻の様子。

黒蟻は、’毒’さえ彼に作用しませんでした。力比べは時間の無駄です。敵が力を専門にしているなら、彼に正面から挑む必要はありません。私の本当の力はスピードです。先ほど拡張した体を圧縮して、速度だけに集中します。楽しい時間はもう終わりました。と考え少し縮小します。

旬は魔王の短剣を両手に出します。

黒蟻が物凄いスピードで旬を捕まえようと襲いかかりますが、旬を見失い、彼は逃げた?と考えていると、横から旬が短剣で切りかかります。黒蟻は両手でこれを防ぎ、旬を押し返します。

旬は壁に着地し再度飛び掛かり、激しい攻防。

黒蟻は、彼は私の速度に追いついているだけでなく、さらに速くなっています。これは一体全体!と考えます。

旬は、彼は悪魔王と同じレベルか、それ以上のレベルかもしれない。しかし、当時と比べて俺はより強力な武器を手に入れた。そして彼を倒すことで強くなった。また間違いなく、ヤツの外骨格はかなり損傷を受けている。これで終わらせる!と激しく攻撃を繰り出します。黒蟻がひるみ、旬が今だとスキルを発動します。

【スキル:急所突き 活性化】

急所突きを当てていると

【スキル:急所付きは最終形態切断にアップグレードされました】

【切断 LV.MAX】と表示されます。

旬「アップグレード?切断、はぁ…」と言っていると蟻が飛んで逃げだします。

旬「どこだと思う…」

【スキル:切断 活性化】

黒蟻を切断スキルで攻撃し、これはかなり良い。と考えます。

【スキル:切断 活性化】

滅多切りにして左腕を切り落とします。黒蟻は悲鳴を上げながら右手で攻撃しますが、旬は距離を取ってかわします。

黒蟻は、あの人間と比べて私が持っている利点は無いでしょうか?いや、ある。と言って、蟻の仲間を呼びます。物凄い蟻の数。

黒蟻「これならどうですか、人間」とドヤ顔。

旬はニヤリとして「出てこい」と言い、イグリット、アイアン、タンクなどが出て来る様子。

蟻と影の兵士の全面戦争。

———————————————————–

と言うところで103話は終了です。

104話はこちらから。

あとがき

やっと最新話まで追いつくことができました。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。今後も週1回、英語版が公開されましたら翻訳していきますので宜しければ見に来て頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

日本語版コミック

コメント

  1. きょむきょむぷりん より:

    英語版で先に読んでましたが、自分の訳と照らし合わせたりして内容に齟齬がないかチェックするのに日本語版読むのも楽しいですね、訳お疲れ様です

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。色々見て回るのも楽しいですよね(^_^)引き続き頑張ります。

  2. 匿名 より:

    英語版見つつこのサイト見つつですごい楽しめてます!ありがとうございます(^^)
    無理せず頑張ってくださいね!
    楽しみにしてますっ

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。そう言って頂けると嬉しいです(^_^)頑張ります!

  3. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。少しずつ見に来て下さる方が増えていくのが嬉しくて、毎日最低1話と思って更新していました(^^;)これからも是非よろしくお願いいたします。

  4. 匿名 より:

    更新お疲れ様です。最近追いかけ始めましたがかなりハイペースで更新していたので驚きました。これからも見に来させて頂きます。