「俺だけレベルアップな件」 第112話 英語版を翻訳したネタバレ

「俺だけレベルアップな件」 は韓国で連載されている漫画です。
韓国語と英語で毎週木曜日に無料公開されており、日本語訳は少し遅れていますが毎週金曜日にピッコマというサイト・アプリで公開されています。
Google翻訳を使ってそれっぽくまとめてますので、日本語版が公開された時に印象が違う可能性があります。ご了承ください。

英語版第112話はこちら

前回の111話のネタバレはこちら

112話のネタバレ

カチカチカチカチとマウスを連打している様子から。

賢太「くそったれ共が!僕は兄さんを中傷する人を許さない!訴えられて泣いても仕方ない!!」

賢太が激怒しながらひたすらマウスをクリックし、大量の書類をまとめて一段落した様子。

賢太「ふぅ~もう一つ。僕は兄さんを中傷する別のグループも対処した。」

旬「お前は一生懸命働いているよ。」

賢太「あ!に、兄さん!」

賢太(彼は全く音も無く行ったり来たりします。)

旬「何かあった?」

賢太「いえ、兄さん。でもどうしたんですかその格好?」と汚れたジャケットを見て質問します。

旬「ゲートを出たところ。ギルドを設立するのにお金が必要だと言っただろ?」とバッグいっぱいの魔法石を渡す旬。

賢太「何ですこの大きな魔法のコアは?ランクの高いゲートをクリアしたんですか?あなたは凄いです兄さん!これで従業員の給与を心配する必要がなくなります。」

旬「従業員?」

賢太「覚えてません?もう1人必要だった創設メンバーです。」

旬「ああ、3人のギルドメンバーが必要だったっけ?ギルドマスター、副ギルドマスター、そして3人目のメンバー。頭数を埋めるだけなら勤勉な人がいいね。その人に1、2回しか会わないわけでもないし。それ位?」と髪をタオルで拭きながら答える旬。

賢太「もう一つ緊急の問題があります。」と真剣な顔で言う賢太。

旬「ふむ?」

賢太「ギルドの名前決めました?」

旬「ああ、俺もそれは重要だと思った。」

賢太「それは非常に、非常に、非常に重要な問題です兄貴!姓を取って”水篠諸菱ギルド”はどうですか?”諸菱水篠ギルド”も大丈夫ですが、僕の名前があなたの前に来ることはあえてしません。名前の文字で”旬賢太ギルド”になるかもしれないし、真ん中の文字を使った「ジンジンギルド」も悪くない…」

筆者注)SUNG JIN-WOO(水篠旬) YOO JIN-HO(諸菱賢太)

旬「”ソロプレイギルド”はどう?」

賢太「え?」

旬「俺たちのギルドはソロで狩ることから。」

賢太(笑うところ?兄貴にも変な所があるんだな。彼も人間ってことか…)

と賢太が旬に見えないよう逆を向いて考えているとドアがノックされます。

賢太「どなたですか?」

?「ここは水篠旬ハンターのギルドオフィスですか?」

賢太「そうですがどちら…」と相手を見て驚く賢太。

賢太「向坂雫(ハンタースギルド副代表)ハンター?!」

旬「どうしてここに、向坂ハンター?」

向坂雫「そ、その…あなたのギルドに参加させて欲しくて。」

オフィスのソファーに座って話す二人。

旬「明確にしてもらえますか?」

向坂雫「言ったように、あなたのギルドに…参加したいです。」

旬(うーん?どうなっているんだ?)

旬「ひょっとして協会会長に頼まれました?」

向坂雫「え?なぜ彼が…」

旬「または、最上真(ハンタースギルド代表)ハンターがあなたをギルドから追い出しましたか?」

向坂雫「いえ…」

旬「ではどうして?なぜ”ソロプレイギルド”に参加したいんですか?」と真面目な顔で聞く旬。

向坂雫「ギ、ギルド名はソロプレイですか?」と驚き(呆れ?)を隠せない向坂雫。

旬「副ギルドマスターと俺が同意した名前です。問題ありますか?」

賢太「兄さん!”ソロプレイギルド”ってどういう意味です?もう決まってるって言わないでください!僕の提案はどうですか!!」と叫ぶ賢太。

旬「?? 何も言わなかったから同意したんだと思った。」

旬(いや、一旦落ち着いてみよう。この状況が俺を混乱させてるから、判断が曇ってるのかも。彼女の鼓動。 呼吸、そして表情。彼女は冷静に行動しようとしているけど、俺をだますことはできない。なぜ彼女は俺たちのソロプレイギルドに参加するためにこんな事を?)

旬「向坂ハンター、覚醒から2年も経っていません。あなたはまだハンタースギルドと契約しているのでは?」

向坂雫「契約違反の罰金を支払うお金はあります。」

旬(彼女はペナルティを支払ってまでうちに参加したいのか?)

旬「俺たちのギルドには、あなた程のハンターを適切に補償するための資源がありません。」

向坂雫「いえ、それは問題ありません。加入ボーナスも必要ありません。」

旬「なぜあなたは俺たちのギルドに加わるためにそこまでするんですか?ここで得るものは何もありませんよ。」

向坂雫(どの説明したら?いいえ。たとえ私がそうしたとしても、彼は私を狂ったと呼ぶでしょう。)

旬との出会いの回想。

向坂雫(最初は、それはちょうど…彼の香りによって描かれた好奇心から始まった。)

自室のパソコンで調べ物をしている回想。

向坂雫(彼は友谷稔(韓流スター)の記者会見を台無しにしたの?否定的なコメントが凄く多いのね。思った通り彼はSランクだった。)

向坂雫「実際には、彼は悪い人じゃない。架南島の攻略が近いから集中しないと。」

架南島攻略前の訓練中の回想。

向坂雫(気にしないようにしても、時間がないと思っても…彼はこの暗い世界で唯一の光だった。)

黒蟻との戦闘シーンの回想。

向坂雫(怖かった、緊張した、そして私は死ぬかもしれないと思った。しかし…)

架南島脱出時の回想。

後藤会長「向坂ハンター」と目を覚まし、飛び起きた向坂雫に後藤会長が声をかける様子。

後藤会長「意識が戻りましたか?」

向坂雫「どこ…?」

後藤会長「ヘリコプターです。ハンター協会に着陸しました。すぐに病院に行く予定です。」

まだ状況が飲み込めない様子の向坂雫。

向坂雫「ええと…水篠ハンターが来ました?」

うなずく後藤会長。

向坂雫(やっぱり…あれは夢じゃなかった。)と頬を赤くする様子。

向坂雫(今回本当に死にそうになった。いいえ、本当に死んだ?もし…その場合…死を避けられない状況もある…)

向坂雫「私は何をすべきか?」

回想が終わって現在へ。

向坂雫(言えない。どうやって彼に言うの…私はあなたが最後まで私の側にいることを願っています。)と顔を真っ赤にしてうつむく様子。

旬(彼女は何を計画してるんだ?俺に言うことができない何かがあるのか?なぜ彼女は答えられないんだ?赤面している様子から何かを隠していることはわかる。彼女が何を隠しているのかわからないけど、ずっと前にこれを計画していたかもしれない。)

旬「答えてくれませんか?」

向坂雫「快適に…快適に暮らしたい…では許可されませんか?」

旬「い、いえ、そんな事はありません」

賢太「兄さん、彼女にそんな事言わせるなんてどれほどハンターズがハードだったか想像してみてください。」と耳打ちする賢太。

旬(向坂雫ハンターはまだ22歳か23歳。Sランクハンターであるという重荷は重く感じるか。しかも架南島攻略の後、彼女は体調が悪かった。彼女の状況に共感はするけど…)

旬「俺たちのギルドには入会試験があります。」

向坂雫「え?それは募集項目にはありませんでした…」

旬「これは新しい施策なので、副ギルドマスターが間違ったのでしょう。賢太、お客さんに飲み物やお菓子を買って来て。」

賢太「は、はい!」

向坂雫「どんなテストですか?」

旬(これは…誠意?それとも誇り?)

旬「俺の召喚した相手に勝ってください。」

向坂雫「水篠旬ハンター、あなたの私への評価はそれほどに低いですか?どの召喚ですか?」

旬「向坂ハンターのために、一番強いやつを選びます。」

向坂雫「…宜しい。」

———————————————————–

と言うところで112話は終了です。

113話はこちらから。

日本語版コミック

コメント

  1. 匿名 より:

    さっさと来てくれ113話